私、1型糖尿病なんで痩せなきゃいけません

どうして防風通聖散は脂肪燃焼させる効能があるのかな…

防風通聖散は脂肪が燃焼しやすいカラダにじわじわと改善する漢方薬です。

漢方薬ですから、飲むととうぜん苦いです。

私は、風邪薬だったら葛根湯のみますし、
胃薬も漢方薬を飲みます。
防風通聖散は漢方の中では苦味はキツくなく
飲みやすいほうだと思います。

それでも、苦いのはちょっと苦手な人は
顆粒タイプじゃなくて錠剤タイプを飲むと良いと思います。

 




 

防風通聖散ははじめた頃は体重が減りますが…

 

防風通聖散をダイエットのために飲みはじめて
かれこれ1年半が過ぎました。

初めて飲んだときには、数ヶ月で体重がわりとカンタンに落ちました。
長年の悩みの便秘がすぐに改善されたし、
脚のむくみが取れてカラダのだるさもとれ、
いまも飲み続けています。

特に便秘にはとても効果があるので、
便秘薬としては手放せないですね。

 

 

ただ、ダイエット効果としては、
最初におもしろいように体重は減ったものの
しばらくすると停滞期に入りました。

これは、防風通聖散が体質改善し、
加齢により低下していた老廃物の排出を促進してくれる。
余分な水分や老廃物ががカラダから出ていったおかげで
体重が減ったんです。

しかし、体質改善に効果がでて、
老廃物の排出が落ち着いてくると体重も停滞してしまった。

うんともすんとも体重がへらなくなって今日このごろ。
防風通聖散ダイエットをみなおすことにした。
かなり、手抜きになっていたから、
ちゃんとやってみようと思ったわけです。

何をちゃんとしようと思ったかと言うと、
毎日3包、満量処方4500mgを飲んでこそダイエット効果が
あらわれるんじゃないかしらと思ったんです。
運動せずには脂肪燃焼は起こらない…。

あと、
防風通聖散の脂肪燃焼のメカニズムって分かってないよね。
だったら、調べてみようと思ったわけです。

 

btn022_02 生漢煎【防風通聖散】の詳細はこちら

 

防風通聖散はなぜ食間に飲むの?

 

防風通聖散は、お腹が空っぽな食間に飲みます。

すると胃を通りすぎて小腸への移動します。

ここに食べたものが胃にあると、
その食べ物と一緒に滞留して消化されてしまうのです。

胃に何も入っていない状態だと
顆粒の場合はそのまま溶けて小腸に移動します。
漢方はお湯に煎じて飲むほうがよいと言われるのは、
胃を通過してすぐに小腸に到達するからです。

実は胃ではアルコール以外はほとんど吸収されず、
小腸でほとんど吸収されます。

小腸で吸収されなかったら大腸で吸収されこともあります。

大腸で防風通聖散が吸収されると便秘に効き、
場合によっては効きすぎて下痢になってしまいます。

 

 

ちなみに胃から小腸に移動すると、
小腸の入り口には十二指腸があり、
ここで肝臓や膵臓から消化酵素がでるんですね。

で、分解されて各成分が吸収され血管に取り込まれて、
各部位に配達されて作用するのです。

 

配合されている生薬18種類は下記のとおりです。

【発汗作用】 防風(ボウフウ) 荊芥(ケイガイ) 麻黄(マオウ) 薄荷(ハッカ) 連翹(レンギョウ) 生姜(ショウキョウ)
【便通改善】 大黄(ダイオウ) 芒硝(ボウショウ) 甘草(カンゾウ)
【利尿】 滑石(カッセキ) 白朮(ビャクジュツ)
【炎症・熱さまし】 桔梗(キキョウ) 黄ごん(オウゴン) 山梔子(サンシシ) 石膏(セッコウ)
【血行促進】 芍薬(シャクヤク) 当帰(トウキ) 川きゅう(センキュウ)

 

 

中性脂肪が筋肉や脂肪に取り込むのはインスリンの役目

 

膵臓から出るインスリンは、
血液の中の中性脂肪を筋肉に運んでエネルギーとして使われ、
使われなかった中性脂肪を脂肪細胞に溜め込みます。

私は1型糖尿病なのでこのインスリンがほとんどでません。
治療のインスリン注射をしなければ、
中性脂肪を筋肉た脂肪に運ぶことができず、
血液のなかにブドウ糖が溢れる状態、高血糖になります。

糖尿病が悪化するのは、
インスリンがでないと筋肉や脂肪に運べない、
するとエネルギーが届かないことになるので、
最初に筋肉(タンパク質)が分解されエネルギーとして使われ
次に脂肪が分解されエネルギーとして使われます。
結果、急激に痩せ始めるわけです。

インスリン治療が効果が出ると、
インスリンが中性脂肪は筋肉と脂肪にせっせと運び、
血中の血糖値が下がっていくんです。

 

自分の血液検査の結果から私なりに考えてみた、、、

 

毎月糖尿内科の通院日に血液検査を受けます。

ここ3年以上、血液検査の前は食事を抜きます。
すると、たいてい中性脂肪は50mg/dl前後を推移してました。
先月は、はじめて食事抜きのところ血液検査1時間前に
防風通聖散を飲んで血液検査したところ、
なんと、200mg/dlを超えてしまいました。
そこで、今月の血液検査は防風通聖散は飲まずに
血液検査にのぞみました。
l結果、141mg/dlで、正常範囲内でした。

あくまでも私見ですが、防風通聖散は脂肪を分解し、
血中の中性脂肪=トリグリセリド(TG)の値がアップする。

血中の中性脂肪がアップしてインスリン効果で
筋肉にとりこまれたらどんどん消費したらやせるのである。

だから、防風通聖散を飲んだら運動をして、
筋肉でどんどんエネルギーを消費するために
運動が必要なのです。

 

 

私が、この運動をほとんどできていない。

せっかく脂肪を分解しても筋肉で使われないから、
血液に運ばれて各器官の脂肪細胞に中性脂肪を貯め込むんです。

私は朝の血糖値が高いのですが、
インスリンと同じ膵臓からでるグルカゴンが
中性脂肪を分解して血中の血糖値をあげるみたいなのです。

 

脂肪分解・燃焼にについて調べてみると

体温上昇と血糖値の下降が起こるとグルカゴンが分泌され
脂肪細胞に貯められた脂肪が血中に放出される。
リパーゼによって血中の脂肪が分解され、
エネルギーとなり二酸化酸素と水が排出される。

脂肪を燃やすとは、酸素を吸って
トリアシルグリセリド酸化することにより
二酸化酸素と水に分解されるときにエネルギーが生まれるのです。

 

防風通聖散は、カラダに取り込まれる前にも脂肪を排出させる働きが

 

このように、防風通聖散は、
カラダに取り込まれた脂肪を分解して
エネルギーとして燃焼させる働きを促進して
カラダの脂肪を減らしていきます。

 

そして、最近の動物実験によると、
防風通聖散を服用すると、
脂肪が小腸から吸収されるのをじゃまして、
脂肪をそのまま便として排出させる効能もあるらしい。

 

糖尿病の肥満症の治療薬として漢方 防風通聖散が使われるとか。
また、血糖値を下げるとも言われています。

 

btn022_02 生漢煎【防風通聖散】

防風通聖散を服用して2ヶ月で、3k減達成しました!!

↓初回購入のみ半額!1日×3回、3包・防風通聖散が満量4500mgで脂肪代謝促進で痩せやすい身体つくり!

【今日のダイエット行動】

1.ふくらはぎマッサージ

食べ過ぎの時ってドキドキするね!

❤お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加してます。
励みになるのでクリックお願いします。❤
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へクリックお願いします。

もしよかったらコチラもお願いします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 50kg台(女)へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA