私、1型糖尿病なんで痩せなきゃいけません

防風通聖散の効果的な飲み方について調べてみた–☆

漢方 防風通聖散として効果的な飲み方は
お湯に溶かして香りも楽しみながら
ゆっくり飲むのがよい。

もともと、漢方は有効成分を煮出して
作られたものが多く、特に最後に「湯」とついたものは
お湯に溶かして飲むほうがより効果的だとか。

防風通聖散は錠剤と顆粒のタイプのものがある。

私が風邪をひいたときに良く飲む葛根湯は
ドリンク剤も市販されている。

そもそも、薬として効き目があるためには
どの部位で吸収されるかがです。

まず、食間に服用するという意味は、
胃に何も入って鋳ない状態だから、
すんなり胃を通過して小腸まですぐに
到達するということです。

 

当然胃の粘膜から薬が吸収されるし、
消化もされるから、
あまり薬が胃に滞留していないほうがよい。

さっと、胃を通過して小腸に到達し、
吸収されるのが理想です。

小腸を通り越して大腸まで到達すると、
防風通聖散は便秘薬として効果を発揮するとか。

で、最初のお湯で溶かして飲むのが
漢方薬の効き目を引き出す良い飲み方という話。

薬は、どこで吸収させるかで
液体・粉・顆粒・錠剤・タブレット剤
などの形をしています。

一番速攻で吸収されるのは舌下で、
ニトログリセリンの錠剤は
舌の下にいれるんですよね。

そうそう、鼻の粘膜も吸収しやすいので、
インフルエンザのリレンザなんて
専用の吸入器を使用して
パウダー状の薬を吸入する吸入薬です。

,娘の気管支炎を抑える薬は、
肌から吸収するパッチ剤でした。

このように薬はいかに効き目を引き出すために
吸収する場所に到達するために設計されています。

だから、漢方はお湯に溶かして飲むほうが
効き目があると言われますが、
西洋薬の粉薬は胃で消化されて効き目が弱くなるので、
お湯に溶かして飲まないほうが良いとされている。
粉薬は胃で消化の影響を受けやすいので
かつ飲みやすくするためコーティングし顆粒剤とする。

ということで、
防風通聖散は食間にお湯にといて飲むと
小腸から吸収され脂肪燃焼効果を発揮する。
そして、大腸で吸収されると便秘に効き目を発揮する。

 

漢方【防風通聖散】ダイエット

 

糖尿病の肥満症の治療薬として漢方 防風通聖散が使われるとか。

btn022_02 生漢煎【防風通聖散】

防風通聖散を服用して2ヶ月で、3k減達成しました!!

↓初回購入のみ半額!1日×3回、3包・防風通聖散が満量4500mgで脂肪代謝促進で痩せやすい身体つくり!

【今日のダイエット行動】

1.ふくらはぎマッサージ

食べ過ぎの時ってドキドキするね!

❤お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加してます。
励みになるのでクリックお願いします。❤
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へクリックお願いします。

もしよかったらコチラもお願いします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 50kg台(女)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA